今までに日本国内で走ったルートについて その1

日本

どーも!けった旅のそーたです!!

 

今回は私が今までに自転車で走ってきた日本国内のルートについてまとめてみました!

はじめての長距離が中学3年生の時の岐阜→彦根の往復だったので、かれこれ10年間分くらいの記録になります。(詳しくルートを記録しているわけではないので、なんとなくの記録になってしまいますが、、、)

地図と照らし合わせながら、走ったルートと走った期間などを記録がある限り、思い出せる限りで紹介していこうと思いますので、よかったら見てみてください!!

 

①2009年3月頃  

コース:岐阜→彦根→岐阜 (約120キロ)

自転車:ママチャリ

走行ルート

友人と2人での旅で、思えばこれが人生初の100キロ越えだったわけですが、なぜ彦根まで自転車で行こうとなったのかは、なんとなくしか覚えていないです笑

当然、スマホでグーグルマップなんてことはできなかったので、事前にルートを調べてメモして、地図を印刷して走っていました。そのせいもあっていまだに地図にルートを書き込む癖があります笑

雨でびしょぬれになりながら彦根に到着し、彦根城付近にある丸亀製麺でうどんを食べたことを覚えています。この時は、日帰り旅で時間もなかったのでちょろっと彦根城を見て引き返しました。

特にこれといったようなイベントはなかったですが、このひたすら漕いで進むということが楽しくて自転車旅にハマったきっかけになったのは間違いないと思います。

②2011年8月頃

コース:岐阜→京都、京都→岐阜(約280キロ)

自転車:ママチャリ

人生で二度目の自転車長距離旅。この時は、彦根に行った友人と1泊2日で京都まで行きました。彦根に行った時と同じで、なぜ京都だったのかはよくわからないですが、彦根よりも遠いところということで、京都にしたのだと思います笑。

この時も印刷した地図を片手に行ったわけですが、朝の5時に家を出発し、京都駅に着いたのが17時だったのを覚えています。真夏の炎天下を6段変速のママチャリで必死に進んでいきました。

足はパンパンで尻はずるむけだったので、せっかく京都まで行ったのにスーパーで買い物をしてホテルですぐに休んだ気がします。今から考えるともったいないことをしているが、当時はきっとそれどころではなかったのだとおもいます笑。

2日目は6時に京都駅を出発しました。同じ道を帰るということで少し余裕をこいていました笑。

しかし、この余裕が良くなかったのか、出発して40キロ地点くらいの琵琶湖沿いで電柱にぶつかり単独事故をしてしまいました。5mほど吹っ飛び右半身はズタボロになり血まみれ、、、自転車も前後パンク、タイヤは曲がり、ペダルも曲がり、ハンドルも曲がって絶望的でした。

それでも諦めようとはならず、友人に励まされて半泣きで無理矢理自転車をこいで進んでいました。両親に心配をかけないよう(ばれないよう)に左半身と風景といった奇妙な写真を撮っていたことを覚えています笑。

そんなこんなで19時頃なんとか家にたどり着き、無事に叱られました笑。

もう一生自転車に乗りたくないような恐ろしくてきつい体験だったが、良くも悪くもそれまでになっかた強い刺激になり、自転車旅にどっぷりハマったのだと思います笑。

思ったよりも記事が長くなりそうなので、大学生での自転車旅については次の記事にて紹介させていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました